高血圧サプリメント「イマークS」に含まれる成分と効果・効能

EPAにはどんな効果があるのか?

イマークSに含まれるEPAは、青魚などに含まれる「不飽和脂肪酸」で、体内では殆ど作られる事がない
栄養素なので、毎日の食生活を通じての摂取が必要になってきます。
EPAの効果には、動脈硬化の改善や、花粉、アトピーの改善にも良いとされていますが、中性脂肪を
減らす働きが一番効果があると言われています。
EPAの成分を多く持っているのは、鯖やいわしなどの青魚が代表的ですが、
大きな魚には、水銀が含まれている可能性もあるので心配もあります。
他にも魚嫌いの方など、摂取が難しい場合にも、イマークSは上手に摂取できる高血圧サプリメントです。

DHAが持つ働きと効果

高血圧サプリメントであるイマークSですが、頭が良くなると話題になったDHA成分が入っています。
DHAもまた、「不飽和脂肪酸」の仲間で、EPAに似た効能を持っていますが、それぞれの役割には、
違いがあります。
脳に優先して取り込まれるため、記憶力の向上の他、
動脈硬化、生活習慣病にも期待が持てます。
ちなみに、EPAは脳まで到達することができません。
DHAは脳に到達できる少ない栄養素なので、積極的に摂取することで効果が期待されます。
イマークSは、毎日飲み続けられる様にヨーグルト味で美味しくいただける高血圧サプリメントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *